主催:公益社団法人応用物理学会 微小光学研究会
協賛:光無線給電検討会,学振175委員会,オプトロニクス社
第144回微小光学研究会
「無線給電に光の出番はあるか」
無線通信は,携帯端末から家電・産業機器まで拡がり,有線通信を利用する機器は消えつつある.無線化による自由度・利便性をさらに高めるうえで,残された有線接続である給電の無線化が注目されている.すでに非接触カードや携帯端末で無線給電の利用が進み,また,地上に無線送電する宇宙太陽光発電は1970年代から研究されている.このような無線給電によるエネルギー利用の自由度・利便性の拡大は,社会を大きく変革するポテンシャルがある.これまでの無線給電は,電磁誘導やマイクロ波などを利用した方式であるが,ここに光を用いた無線給電も加わることで,無線給電の適用範囲がさらに広がると期待される.今回の研究会では,これまでに研究開発の進む無線給電技術の経緯・動向を学ぶとともに,光の出番を模索する.
日時:2017年6月13日(火)10:00-17:00
会場:蔵前会館くらまえホール(東京工業大学 大岡山キャンパス)
〒152-0033 東京都目黒区大岡山2丁目12-1
会場付近地図
交通:東急大井町線/目黒線
「大岡山」駅下車,徒歩1分
プログラム(pdf)

参 加 費:一般 4,000 円、学生・シニア 1,000 円 (資料代含む.当日ご持参ください)
参加申込:不要 (直接会場にお越しください)
担当委員:宮本(東工大),古後(コニカミノルタ),魚津(三菱レイヨン),横森(JST),中島(早稲田大)
問合せ先:東京工業大学 宮本智之
E-mail: tmiyamot■pi.titech.ac.jp(■を@に変えてください.)
微小光学研究会: 代表:伊賀健一 運営委員長:中島啓幾 実行委員長:横森清
副代表:後藤顕也 運営副委員長:波多腰玄一 実行副委員長:宮本智之

last update: February 14, 2017
Home