主催:公益社団法人応用物理学会 微小光学研究会
第156回微小光学研究会
「テラビットトランシーバ時代の微小光学」
新型コロナウィルス感染状況により,zoomなどのweb会議システムを用いた開催となる可能性があります.
参加申込(定員100名) | プログラム (pdf版)
(参加申込アクセス不都合時は別ネット回線をお試しください.)
幹線系光通信やデータセンター間通信への400Gbit/sシステムの導入が始まり,800Gbit/sやテラビットに対応した光デバイス開発が活発化しつつある.また,1.6Tbit/sの標準化の議論も開始され,10Tbit/sを見据えた新たな国プロも2019年にスタートした.将来の光デバイスに何が求められるのかを議論する.
日時:2020年10月14日(水)10:00-17:00
会場:上智大学 中央図書館9階会議室(L-921号室)(クリックでGoogle Mapへ)
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
会場付近地図(会場提供のwebへ)
交通: JR中央線,東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ッ谷駅」徒歩5分
プログラム --

参 加 費:一般 5,000 円,学生・シニア 2,000 円 (消費税込.資料代含む.当日ご持参下さい*.)
参加申込:事前申込必要(定員100名で締切ます.)(本ページトップのリンクから申込みください.)
*新型コロナウィルス感染状況により現地開催ができない場合にはweb開催(zoom等のweb会議システムを利用)となります.この場合開催日数日前に予稿集と請求書を発送致しますので,参加費(予稿集代を含む)をお支払いください.参加費の減額・返金はいたしませんのでご了承ください.現地開催の場合は当日お支払いください.
担当委員:高橋(上智大),荒川(横国大),石井(古河電工),坂井(リコー),小路(住友電工)
問合せ先:上智大学 高橋 浩
E-mail: hiroshi.takahashi■sophia.ac.jp(■を@に変えてください.)
微小光学研究会: 代表:伊賀健一 運営委員長:中島啓幾 実行委員長:横森清
副代表:後藤顕也 運営副委員長:波多腰玄一 実行副委員長:宮本智之

last update: June 8, 2020
Home